すぐに使える護身術

再三にわたって申し上げていますが、護身で大切なことは倒そうとせずに逃げることです。相手が怯んだ隙ににすばやく逃げ、周りの人に助けを求めたり、110番通報することを最優先に考えてください。ここではそういった「逃げる」ときに便利な護身術を紹介します。

抱きつかれそうになったら

アゴを狙う

近づいてくる相手のあごを狙いましょう。脇を締め、手のひらで下からアゴを押し上げる感じをイメージすると分かり易いと思います。相手がバランスを崩した隙に逃げましょう。

バッグを使う

ハンドバッグを振り回し、近寄らせないようにしましょう。顔面目掛けてぶつけると効果的です。

鼻を狙う

近づいてくる相手の鼻を狙いましょう。手のひらで力を入れて突き上げるようにします。相手が怯んだら逃げましょう。

のどを狙う

近づいてくる相手ののどを指で突きましょう。強い力でなくても十分効果があります。のど仏の上の辺りを狙うのがいいですね。

目を狙う

眼球を触るだけでも効果があります。目を狙って砂をかけるのもある程度距離を保ったままで効果が期待できるのでお勧めです。両手の親指で相手の瞼をグッと押し込むようにするとより効果的です。

頭突きする

抱きつこうとしてきたら、少し重心を低くして体を落とし、アゴや鼻、眉間を目掛けて下から突き上げるように頭突きします。これらの箇所は鍛えようが無い場所なので強い力がなくても効果的に攻撃できます。

耳を狙う

耳の真横から思いっきり平手打ちすると、衝撃で鼓膜が破れるため、相手から逃げる隙を作ることができます。また、それで効果がなくても耳たぶを強い力で引っ張るだけでも十分なダメージを与えることができます。

掴まれたら

腕を掴まれた場合

まず、掴まれたほうの手を開きます。こうすることで閉じていたときよりも腕が少し太くなり、相手の力が緩みます。その瞬間を見計らって掴まれていないほうの手を上からかけ、掴まれたほうの手を引き上げます。すると簡単に手を振りほどくことができます。

肩を掴まれた場合

相手の両肘を上から叩きます。すると相手の顔が前に突き出てくるので、このタイミングで頭突きをしましょう。後ろから肩を掴まれた場合には、勢い良く片足を下げて上体を低くし、頭突きをすると効果的です。

胸を掴まれた場合

手首の外側を掴み、内側にひねるようにして相手の腕をくぐり背後に回って腕を取ります。その状態で相手の肩を押さえて手首を持ち上げるようにするとダメージを与えられます。また、手首の外側を掴んで、自分の肘を相手の肘に合わせて体重をかけていくと、相手の肘を折ることができます。

背後から抱きつかれた場合

お尻で攻撃

お尻を突き出して相手との体に隙間をつくり逃げ出します。

足を攻撃

相手の脛を自分のかかとで蹴ったり、ヒールでつま先を踏んだりして逃げます。

腕を封じられた場合

体を沈めてバンザイをすると相手の腕を解くことができます。また、自分の後頭部で頭突きするのも効果的です。

刃物を突きつけられたら

物を投げる

何でもいいので物を投げつけ、とにかく距離を保ち近寄らせないようにして逃げましょう。大声で助けを求めながら逃げるのが効果的です。

ジャケットなどを使う

着ている上着が厚手のものだった場合は、それを振り回して時間を稼ぎましょう。上手くいけば生地に刃物が刺さって動きを封じることができます。

カバンやベルトを使う

カバンやベルト、雑誌、上着など厚手のもので自分を守りましょう。

押し倒された場合

噛み付く

耳か鼻を狙って噛み付くと効果的です。難しければ腕などでもいいでしょう。相手が怯んだ隙に体を起こし、相手を押しのけて逃げましょう。

目を狙う

眼球を突くか、砂などをかけるなどして相手の視力を奪いましょう。逃げる隙が出来るはずです。

腰を浮かす

思い切り腰を浮かして相手の上体を弾きます。上手くいったら掴まれる前に間合いを取って逃げましょう。

自分の身は自分で守る!~防犯の基礎~